仮想通貨アカデミー こんにちは、ゲストさん ログイン

3/26 アカデミーコラム

皆様、こんにちは森田でございます。

【トリガーバーテックス】の問い合わせ、誠にありがとうございます。
なんか、良い感じになってきましたね♫(笑)

BTCとBNBの相場が下がらないことを祈っています(笑)

まず、皆様に説明したい事がありますので簡単にご説明致します。
トリガーバーテックスのシグナル配信(皆様の携帯へ、ピコピコなるやつですねっ♫)の件です。
お電話頂いてる皆様には既にご説明しておりますが、トリガーバーテックスをスタートするにあたって、
①皆様がトリガーバーテックスをやってみたいな〜、、と思ったら、、
②アカデミーに電話か、ラインしてみよう!となりますね?そして、
③ラインしました!電話しました!、、、、、、そうしたら、、、
後は簡単にシグナル配信まで進んで行きます。
(一日30回以上は買ったり売ったりするところをバーテックスは皆様にお見せすると思います)
テレグラムのアカウントを作ってスタートです。
(理由は、バーテックスのシグナルがテレグラムに発信されるためです)。
(そして、テレグラム開設はアカデミーさんが特別無料で簡単にアカウントの作り方をご案内いたします)

バーテックスの精度もわかりました。
楽しくなってきましたが僕、私は別にデイトレーダーでは無いので24時間モニターに貼り付いているわけでは無い。
けど朝、昼、夜とご自分のご資産を運用して利益を上げたい!!バーテックスに全て任せて運用しちゃおう!!となった皆さまはバーテックスロボットに全て任せてください。
④そしてスタートです(携帯にピコピコ鳴り始めます)
※ここで!!皆さまに伝えたい事があります。
スタートしたのはシグナル配信ですからね!(トリガーバーテックスがバイナンスの150銘柄をパトロールして24時間、売り買いをいたします。
その買った時の合図、売った時の合図をシグナル配信と言いますよ。
⑤この段階では皆様のご資産は全く関係ありません。
ですので、増えもしませんが減りもいたしません。
(なぜならこの時点では全く皆様のお金は運用していませんから、、、。バーテックスが勝手に皆様の携帯にシグナルを出しているだけです。)
しかしこの段階でも!!ご自分でシグナルに沿って、買ったり売ったりすれば相当儲かりますよ!
皆様、相場、チャートをちょっとでもわかるようでしたら相当楽しいと思いますよ。

ですが、バーテックスは24時間動きますから夜中も動き続けます。
これは普通のデイトレーダーは太刀打ちできません。
もちろん、日中にお勤めの環境に身を置いている方達ならばなおさらです。
(ちなみに、仮想通貨の相場は夜中に結構動きます。これは皆さま意外と知らない事です)
⑥そして、最後のステップです。
バイナンスの口座を特別に簡単にアカデミーの担当さんが作ってくれるので、トリガーバーテックススタートです!
あなたのご資産を運用し始めます。
いかがでしたか??
ラインか、お電話くれれば上記がスタート致します。

さて今日の本題に入らさせていただきますが、少し難しい事をこれから書きます。
現在、トリガーバーテックスに対してのご質問が増えていく中でbotにお詳しい皆様にもご連絡頂きます。
殆どの皆さまに褒めて頂いておりますが嬉しい限りです♫
(頑張れよ!!的なお言葉頂きます笑)

その方達用に、業界用語を使った文章になりますが少しだけお付き合いください。

まず、ボットの開発がまだ終了していないことをお詫び申し上げます。
ですので今現在はシグナルを思う存分楽しんでくださいね♫

そして、皆様には私が何に取り組んでいるのか、そしてどのように開発が進められているのかを説明したいと思います。

【バイナンス取引ボット/トリガーバーテックスの現在の開発状況】

トリガーバーテックスには2つの重要な特徴があります。

まず一つ目は信号の正確さです。

二つ目は、取引執行のスピードです。

MySQLデータベースからDynamuDBに変更することで、現在既にシグナルの正確さを解決しております。
情報の読み取りと送信の速度が速くなります。 (すべてNode JSで書かれています)
私達は取引執行のスピードと正確さを解決しています。
そしてボット開発の手順は次のとおりです。

1. Binance APIを分析してボット取引に適したものにします。
2.ボット取引ロジックをPHP言語で作成します。
3. Bot Trading LogicをNode JS Languageに変更します。
4.ノードJS言語をノードJS内の信号と接続します。
5. Trading BotをDynamu DBに接続します。
6. Trading BotをBinance APIに接続します。
7.すべてが完璧に私が思うようにできているのかを確認します。
8.エラーをデバッグします。
9.テストと開発を完了します。

僕達は現在ステージ6にいます。

時間がかかるのは、binanceのAPI構造が大幅に変更されたためです。
また、Binanceの取引ペアの数も大幅に増えました。
ですから、それは時間がかかりますが、私たちはそれを全て解決します。

このてのロボット開発には時間がかかりますが、その代わりに皆様にプレゼントです。
Binance Signalの精度を上げました。
僕は今、自分のベストを尽くしているつもりです。
皆さま、何卒よろしくお願いいたします。

本日は、以上になります。

 

YouTubeチャンネル登録

LINE@にてお得な情報配信中!

会員ログイン