仮想通貨アカデミー こんにちは、ゲストさん ログイン

IOHKが国際暗号学会主催フォーラム「Real World Crypto 2018」のスポンサーへ

ADAコインの開発に携わっており、イーサリアムの創業者チャールズ・ホスキンソン氏が代表を務めるIOHKが、国際暗号学会(International Association for Cryptologic Research)が主催するカンファレンス「Real World Crypto 2018」のスポンサーになりました。

Real World Crypto 2018のスポンサー一覧はこちら

「Real World Crypto」は、2011年から開催されており、暗号学の研究とビジネスの架け橋になることを目的としています。今年は2018年1月10日~12日までスイスのチューリッヒで開催されます。「Real World Crypto」は、暗号学の研究者や、暗号通貨などの暗号学を現実の社会システムに取り入れようとしている開発者が多数参加して、様々なトピックについての講演が開催されます。

スポンサー一覧をご覧頂ければわかるように、世界で活躍するIT企業がスポンサーに連なっています。Amazon、Google、LinkedInといった2000年代以降躍進した企業だけでなく、CiscoやIntelといった企業もスポンサーとして参画しています。また、VisaやMastercardといったカード会社も参加していることも注目です。

そうそうたる企業の中で、ADAコインの開発を行っているIOHKもスポンサーとして参加しています。IOHKは、単に1つの暗号通貨を開発するだけの会社ではなく、「Real World Crypto」のようなカンファレンスへの参画を通して、暗号通貨の普及に真剣に取り組んでおり、存在感を増しています。

YouTubeチャンネル登録

LINE@にてお得な情報配信中!

会員ログイン