仮想通貨取引におけるリスク

リスクについて十分ご認識の上、お客様ご自身の責任において TRIGGER・VARETEXのサービス をご利用ください。

いかなる場合でもお客様のTRIGGER・VARETEX サービスの申し込みをもってすべてのリスクに同意したものとみなします。

営業時間リスク

ビッサムの営業時間外(メンテナンス時間中を含む)で市場価格が大きく変動する場合があります。営業時間外で仮想通貨の取引ができない場合でも当社は一切の責任を負いません。

流動性リスク

取引量等の状況により、取引が不可能もしくはbotが作動しない場合がございます

また、注文が売りまたは買いどちらか一方に偏り約定に時間がかかる、もしくは取引が成立しない可能性があります。

仮想通貨・ネットワークによるリスク

  1. 仮想通貨は法定通貨ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。特定の者によりその価値を保証されているものではありません。また、仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  2. 悪意ある者が仮想通貨のブロックチェーンネットワークにおいて 51% 以上の採掘速度を有した場合、(1) 不正な取引の正当化 (2) 正当な取引の拒否 (3) 採掘の独占を行うことが可能となるリスクがあります。

ビッサムのAPI設定、connectキー、secretキー等の紛失リスク

connectキーもしくはsecretキーを紛失した場合に自動売買botのサービスが受けれなくなる可能性があります。その場合は当社は一切の責任を負いません。

システムリスク

  1. 当社またはお客様ご自身の通信・システム機器の故障、通信障害や地震、落雷、火災その他の天災地変、サイバー攻撃など様々な原因で一時的または一定期間にわたってbotが作動しない状況が起こる可能性、または意図しない取引結果となるもしくは約定しない可能性があります。また、電子取引システム障害時には当社が取引執行を含むサービスの全部または一部を停止または制限することがあります。
    これらによりお客様または第三者に損害が生じた場合において、当社は一切の責任を負わないこととします。
  2. 電子取引システムでは、電子認証に用いられるログイン情報(Eメール、ログイン ID、API キー、パスワード、API シークレット、秘密鍵、認証コードその他いかなる名称のものを含みます。)などの情報が、窃盗・盗聴などにより漏洩した場合、その情報を第三者が悪用することによってお客様に損失が発生する可能性があります。パスワードまたはユーザー ID の管理不十分、使用上の過誤、漏洩、第三者の使用、盗用等による損害の責任はお客様が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  3. 外部環境の変化等によってシステム障害が発生し、お客様の取引に支障が生じるリスクがあります。システム障害とは、当社のシステムに明らかな不具合 ※1 が発生していると当社が判断し、かつ、お客様がインターネット ※2 経由でご注文いただけなくなるか、お客様のご注文が遅延し、もしくは不能となった状態をいうものとします。
  4. Botはトレーディングを助けるものであり、当社が会員様の資産を預かり運用するものではありません。また100%の利益をもたらすものではございません。

破綻リスク

外部環境の変化等によって当社の事業が継続できなくなるリスクがあります。万が一、当社が事業を継続できなった場合は、お客様の資産についての対応含め倒産法、会社法、会社更生法、民事再生法等に基づき手続きが行われます。

法令・税制変更リスク

現段階での日本の税務当局の見解は以下の通りでありますが、将来において改正される可能性があります。将来的に法令、税制または政策の変更等により、仮想通貨の保有や取引が制限される可能性、または現状より不利な取扱いとなる可能性があります。当社は如何なる場合においてもお客様または第三者の税務申告、税負担およびいかなる損害について、一切の責任を負いません。日本国内の仮想通貨に関する税金の取扱いについて、詳しくは各自税務署または税理士にお尋ねください。

※ お客様が仮想通貨の取引(仮想通貨同士の交換や仮想通貨の使用を含みます)で得た譲渡益(キャピタルゲイン)に対して所得税が課税されます。

その他リスク

天災地変、政変、同盟罷業、仮想通貨市場の急変、仮想通貨市場の閉鎖等、不可抗力と認められる事由により、お取引が制限される可能性があります。その結果、お客様が予想外の損失を被る可能性があります。

上記のリスクについて当社は一切の責任を負いません。また、上記は取引に生じるすべてのリスクを漏れなく示すものではありません。